2017/12/22NEW

「〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後」①

本書の帯紙には「戦争と石炭産業の犠牲になった朝鮮人の苦難の歴史。半世紀の歳月をかけて強制連行の真実に迫る写真【380点】とルポ」と記されています。著者はノンフィクション作家の林えいだい氏。林氏は端島について「ここでどれだけ多くの坑夫たちの血が流されてきたのか真剣に考えてみるべきではないのか。日本人、朝鮮人、中国人の犠牲の上に端島の歴史があることを忘れてはなるまい。端島は観光資源ではなく、炭鉱犠牲者、とりわけ朝鮮人、中国人の追悼の島なのである」と述べています。端島についてのルポを島民はどう受け止めたのか、証言をご覧ください。

 

CLAIM

「〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後」
著者 林えいだい/2010年/弦書房 刊

仲間が事故死して火葬が終わると、監視についてきた労務係の命令で、 遺骨をスコップですくい取り、廃坑に投げ込んだ。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 158ページ
強制連行された長崎市在住の男性の証言(氏名無記載)
戦争中は逃走者を監視するため、 在郷軍人会の会員が銃を持って警備していたという。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 158ページ
証言者不明(林えいだい氏による記述)
端島炭鉱の労働者数は、採炭事業拡大とともに増加の一途をたどり、 最盛期の1945年(昭和20)には約5300人となり、島から溢れるほどだった。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 158ページ
証言者不明(林えいだい氏による記述)
戦時中の食糧難の時代には、アパートの屋上で、 陸稲や野菜を栽培した。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 160ページ
証言者不明(林えいだい氏による記述)
映画館(昭和館)は唯一の楽しみであった。 戦時中はこの建物のことを協和会館と言った。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 160ページ
証言者不明(林えいだい氏による記述)
彼らの出身地は、河北省183人、山東省20人、 雲南省1人の204人であった。 大村連隊が銃をもって警備する中を、整然と社船の朝顔丸から下船したという。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 162ページ
証言者不明(林えいだい氏による記述)
採炭中に日本人指導員から暴行を受けたため、 中国人二人が、持っているスコップで反撃して大怪我をさせる事件が起きた。 中国人だけがその責任を問われ、労務事務所に連行されてひどく殴られた。 それが原因で暴動が起き、全員が入坑を拒否してハンガーストライキに突入した。 炭鉱側は、長崎県に対して軍隊出動を要請した。 派遣された大村連隊の一個小隊は武力で鎮圧、炭鉱側は二人の中国人を北海道へと送った。 端島炭鉱の暴動鎮圧に出動した大村連隊との間で激しい戦闘となったという。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 162ページ
樺太転換坑夫の姜道時の証言
坑内の採炭にはダイナマイトを使用するので、掘進中に現場で一本盗むことはたやすい。 メタンガスの発生した坑内で、ダイナマイトを爆発させることはいとも簡単であった。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 162ページ
樺太転換坑夫の姜道時の証言
中国人の取扱いは特に厳しかった。 朝鮮人が話しかけたりすると、銃を持った労務係がきて 「近づくな」と言って双方を殴りつけることもあったという。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 162ページ
証言者不明(林えいだい氏による記述)
米軍の空襲が激しくなって、高島炭鉱の発電所が爆撃されると、端島の坑内が停電した。 ポンプが止まり、坑内は水びたしとなった。 中国人が意図的に電源を止めたのではないかと疑われ、全員が憲兵の取調べを受けた。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 162ページ
証言者不明(林えいだい氏による記述)
会社側が淫売婦を雇い、随所に淫売店を開業させ、 さらに賭博を奨励したことが記されている。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 164ページ
『日本労務管理年誌』「三菱端島労働状況」より
1941年(昭和16)の長崎日日新聞ルポに、 広島県出身の桜井金作の談話が載っている。 「高島の制裁に耐えきれない者が例の〝島抜け〟と言って、見張りの者が知らない様に、 酒樽を身体につけて泳いで逃げ出したものです。 その後、端島に移りまして、既に18年になりますが、 当時の端島もまた監獄部屋の域を脱せず、 血腥いことが毎日続いていました」と証言している。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 164ページ
長崎日日新聞ルポ 桜井金作の談話
警察は監視を兼ねて、大勢の巡査を野母半島に配置した。 巡査は島抜けをした者を、犯罪者として逮捕したのである。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 164ページ
証言者不明(林えいだい氏による記述)
当時、飲料水と共同風呂の水は、対岸の土井の首から炭鉱の給水船が毎日運んできた。 姜は階下の貯水槽から七階まで、急な階段を汗を流しながら運んだ。 炊事場の水瓶を満杯にするには、5、6回登り下りしなければならず、その苦労は並み大抵のものではなかったという。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 165ページ
朝鮮人炭坑夫の妻 姜時点の証言
主婦泣かせの階段の水運びのことを姜は〝地獄坂〟と呼ぶ。 閉山して廃墟となったアパートの部屋に水がめが残っているのは当時の名残である。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 165ページ
朝鮮人炭坑夫の妻 姜時点の証言
アパートの最下層の住宅は、洗濯物が乾かずに、女房たちの苦労は大変だったという。 潮しぶきがかかるので、洗濯物はアパートの屋上にしか干せないのだった。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 165ページ
朝鮮人炭坑夫の妻 姜時点の証言
坑内で石炭を掘っても、無断で家に持ち帰ろうとすると、 坑口の検査で繰込係から取り上げられた。 家庭で使用する燃料は、高浜から売りにくる薪を買った。 その中にハゼの枝が混じっていることがあり、樹脂が皮膚に付着すると全身真っ赤に腫れて、 眼が見えなくなることがあった。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 165ページ
朝鮮人炭坑夫の妻 姜時点の証言
端島炭鉱は海底深くまで採炭しているので、高温で汗が吹き出た。 水筒を二個持って行っても、喉が渇いてたちまち飲み干した。 ちょっと油断すると、日本人坑夫が勝手に飲んでしまうことがあった。 抗議すると「朝鮮人は水なんか飲むことはない。坑内水でも汲んで飲んでおれ」と、 平気な顔をして言った。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 166ページ
朝鮮人炭坑夫の妻 姜時点の証言
坑内水っていうのは地下水が流れてくるものだが、 坑内には便所がないので糞尿はたれ流しとなる。 伝染病がどっと広がるのは、汚染された不衛生な水をそのまま飲むからであった。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 166ページ
朝鮮人炭坑夫の妻 姜時点の証言
特に朝鮮人の場合は風邪を引いても病気とは認められず、 外勤労務係から徹底的に殴られた。 繰込場の電柱に全身を縛りつけ、 前を通る坑夫たちに棒で叩かせたこともあったという。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 166ページ
朝鮮人炭坑夫の妻 姜時点の証言
台風は、端島名物といわれ、海が時化ると、 姜の住む七階の玄関まで波しぶきがかかった。 部屋の中まで水びたしで、急いで畳を上げて押し入れに入れた。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 167ページ
朝鮮人炭坑夫の妻 姜時点の証言
朝鮮人寮に配給された食料のうち、約半分を労務係が横取りし、 家に持ち帰るので、彼らには残りの半分しか口に入らないというのであった。 激しい労働に耐えている朝鮮人坑夫に対してさらに食料さえ奪ったのである。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 169ページ
朝鮮人炭坑夫の妻 姜時点の証言
二尺層といわれる炭層は約60センチ、短い柄の鶴嘴で寝掘りする場所だった。 キャップランプのコードが首と足に巻きつき、頭が天井の岩盤にあたった。 10分採炭しただけで下半身がしびれた。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 185ページ
島抜けした朝鮮人坑夫 劉喜亘の証言
島抜けして成功した話はまず聞いたことがない。 捕まれば労務係から拷問を受け、死体は海に投げ込まれるだけだ。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 185ページ
島抜けした朝鮮人坑夫 劉喜亘の証言
「おい、あの釣り人はおかしいと思わないか?」。 李が指差した。堤防の上に50メートル間隔で麦ワラ帽子を被った男が釣竿をたらしている姿が見えた。 注意深く見ると、誰も釣針のえさを取り換えないのが不思議だった。 素知らぬ振りをして近付いて顔をのぞくと、その男は労務係で、彼らは顔をそむけた。 坑夫たちが脱走するのを、24時間監視していることがそれで分かった。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 185ページ
島抜けした朝鮮人坑夫 劉喜亘の証言
炭鉱側の坑夫の島抜け対策は徹底していた。 端島の周囲にモーターボートを走らせ、空襲のない夜間はサーチライトで堤防を照射した。
『〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 186ページ
島抜けした朝鮮人坑夫 劉喜亘の証言

DISPROOF

「〈写真記録〉筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後」
 を検証する

検証1 遺骨について
検証2 在郷軍人会について
検証3 昭和20年の人口について
検証4 屋上での栽培について
検証5 映画館の名称について
検証6 朝顔丸について
検証7 暴動鎮圧について
検証8 ダイナマイトの取り扱いについて
検証9 銃の所持について
検証10 停電について
検証11 遊郭と賭博について
検証12 桜井金作の談話について
検証13 島抜け者の逮捕について
検証14 水運びについて
検証15 洗濯物の干し場について
検証16 家庭の燃料について
検証17 坑内での飲料水について
検証18 坑内水について
検証19 繰込場の電柱について
検証20 波飛沫について
検証21 労務係の横取りについて
検証22 寝掘りについて
検証23 海への死体投棄について
検証24 労務係の監視について
検証25 モーターボートについて

証言:真実の歴史を追求する端島島民の会
名誉会長:松本栄
資料提供:国立国会図書館

林えいだい氏は本書の「あとがき」で、11歳だった昭和18年、神主だった父親が朝鮮人をかくまったことで特高警察に拷問を受け、それが原因で亡くなったことを告白しています。後に父親を拷問した90歳の元特高を見つけ出し詰め寄ると、「石炭の一塊は銃弾なり」のスローガンのもとに、石炭増産が至上命令の時代、朝鮮人の逃走を助けたことは反国家的行為であり、背後関係を追求したと打ち明け、謝ったそうです。「当時の父は国賊であり非国民であるかもしれないが立派なことをしたと誇りに思っている。国賊、非国民の子である筆者に、両親が残した命の遺産を、歴史の中にしかと刻むことが使命ではないかと思うようになった」と林氏は述懐しています。